JOURNAL

TAKUYA ISHIHARA

後編

等身大の姿や言葉に惹きつけられ、支え合う仲間たち

多くの人気ミュージシャンたちから絶大な信頼を得るカスタムディレクターの石原卓也さん。後半では引き続き仕事のポリシーや今後の展望などに触れる。

こんな時代でも自分たちの力で人の役に立ちたい

コロナ禍になったことで何か変化はありましたか? と質問すると石原さんは、こう続けた。
「カスタムディレクターとしての自分に何かできることはないかなと思い、新型コロナウイルスで困窮する人たちを支援することを目的としたコラボTシャツを販売するというチャリティプロジェクト『20 MIND CHANGER 20』を始動しました。仲間に声をかけたら思ったより大きな規模になって。おかげで、多くのアーティストに参加していただきました」

石原さん自身が企画の先頭に立ち、仲間に声をかけることから始まり、結果総勢23名が集まりその売上を寄付。また、キッチンカー運営業者が両従事者に食事を無料提供している企画に協力など、その活動は実に積極的。その中にはKing Gnuの常田大希氏が主宰するクリエイティブチームである「PERIMETRON(ペリメトロン)」のメンバーである森洸大氏(Dirty Workers Studio Japan デザイナー)なども名を連ねる。

「最初、キッチンカーの運営業者さんは寄付の金額にびっくりされていたけれど、とても喜んでいただけて。本当にやって良かったです」と語る石原さん。そのナチュラルな人の良さがなんとも心地良い。彼の周りには、常に多くの仲間たちが集まってくるのも納得できる。
穏やかで心優しい表情の奥には、ブレない芯の強さと即時に動ける行動力が見える。

寄り添うことで見えてくる景色

石原さんに自身の強みや、他の人にはない個性とは?と尋ねると

「今は品質的にはどこの会社も差が無くなってきていると思うんです。同じ機械を使っているし、品質はどこも大きな差はないと思います。だから違いというと、心意気やモノ作りにかける情熱だと思います。差があるとしたら、買っていただいた方に満足していただけるよう、心を込めて作っているかどうか」

「例えば、自分が今まで携わってこなかった他ジャンルの方からも注文が来ますので、毎回ワクワクしながら、新しい価値観やスタイルを知る努力をし、その世界のカッコ良さを必死で追求していきます。『共感できない』ではなく、違うステージを理解した上で仕事をしたいと常に思っていますね。そういう所は誰にも負けない自信があります」

モノ作りの価値を、真っ当な対価で

「またPCを使った刺繍のデータ作りは、とにかく時間と手間をかけてやっていて、完成度も高い自信があります。

刺繍はお客さんのデザインを元にして、ゼロから作っていくんですが、現物の刺繍をデータ化し、そこからは工場さんに引き継いでいきます。それで大量生産ができるようになるんです。適正な価格で仕事をしていくことで、業界全体の価値が保たれていくように、前に自分が見て立ち尽くすことしかできなかったあの光景を続けさせないために。今後、地方の工場で働く現場の方々の生活を自分が動くことで貢献していきたいです」

仲間と共に本気でぶつかっていくこと

最後に今後の展望は?と聞くと。
「自分が一番心に留めているのは、常に『粋なヤツ』でいようということです。粋な人って一緒にいて楽しい人でもあると思うので。僕の場合、『粋なヤツ』とは、物事を本気で楽しんでいる人だと思うんです。楽しいこと、きついことなど起こりうることを全部、本気になって心底楽しむことが大事。そして僕は、常に「Serious Fun(シリアスファン)」でありたい、と思っています」

『粋な人と一緒にいると楽しいし、自分もそうなりたい』と石原さんは語るが、現段階で十分『粋』である。その証拠に、彼の周りには多くの仲間たちが集まってくる。

過大評価をしない、見栄もはらない、常に等身大の石原卓也という職人が今後何に興味を持ち、どんなパフォーマンスを見せていくのか。それを側で見られる仲間たちは幸せ者だ。そして、当たり前に誰かを助け、仲間たちと共にクリエイトする。私たちはそれを彼の関わった作品を見て知ることになる。彼を頼る多くの人たちと同じ様に、強い絆とストーリーのある石原さんの作品に、今後も多くの人たちが魅了され続けるに違いない。

TEXT: Yumiko Fukuda(M-3)
PHOTO:Fumihiko Ikemoto(PYRITE FILM)

instagram限定(IGTV)では作業動画も公開しています。
是非こちらよりご覧ください。

石原 卓也

https://www.instagram.com/d_the_draishi/

DRAISHI
JAMZ CUSTOM MADE / Instrumental beats DJ

神奈川県鎌倉市生まれ。大学卒業後、有限会社タカハマライフアートで勤務し、シルクスクリーンの道へ。2021年2月に地元藤沢でショップ兼工房「ジャムズカスタムメイド」をオープン。多くの人気ミュージシャンのアーティストグッズなどを手がけていることでも有名。

JAMZ CUSTOM MADE
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-11-20 シルフィード湘南1F奥
URL:https://jamz-custommade.com
店頭では、Tシャツやパンツなどボディの販売に加え、プリントや刺繍の打ち合わせが可能。興味があるグラフィックやデザインがあれば、持ち込んでみてはどうだろうか。

前編を見る