JOURNAL

TAKESHI UEMATSU

前編

受動的じゃなく、自分からまずは行動

日本人男性モデルとして数少ないパリコレ経験者である、ウエマツタケシさん。「ORGAN CRAFT」の渡會竜也とは、モデル活動以前に働いていたアパレルショップの先輩、後輩の仲という縁があり、お話を伺いました。近年では、自分の知らない世界への興味から、写真を撮り始め活動の幅を広げています。自発的に前へ進み、各人が芯を持ち、その全てをさらけ出す。この姿勢こそが世界で活躍するウエマツさんにとってのCRAFTSMAN SHIPだと、今回気づかされました。

モデルの仕事を始めたきっかけ

渡會:久しぶりだね~本日はよろしく。
ウエマツ:よろしくです。かしこまって話すのは新鮮な感じだね(笑)。

渡會:タケシ(ウエマツさん)とは元々同じショップで働いてた仲なんだよね。まずはモデルを始めたきっかけを話してもらってもいいかな?
ウエマツ:たっちゃん(渡會のニックネーム)は同じ洋服屋さんの先輩で、僕が後輩として働いていた時に、ショップスタッフとして雑誌によく載っていたんです。その延長として、『メンズノンノ』がモデルオーディションをやるから出てみたらって、たっちゃんに勧められて。

渡會:懐かしい(笑)。当時のタケシは受動的で、自分から環境を変えようとしていなかったよね。
ウエマツ:まだ若かったしね。その時に最終選考の10人まで残る事ができたんです。最終選考に残った10人は誌面に載れるんで、スタイリストさんとカメラマンさんと撮影したんですが、最終的にはグランプリを逃してしまって。ただ、その関係で知り合ったとあるモデルエージェンシーから声をかけられたんです。それがモデルを始めたきっかけですね。

渡會:その頃はモデルの仕事をどう捉えてたの?
ウエマツ:雑誌に出ることがモデルの仕事だと思ってました。それ以外に何をしているのか、想像もつかなかった。例えば広告やCMの仕事があるという事も全く知らなくて。

渡會:実際にモデルになってみて最初に感じた壁っていつ頃だった?
ウエマツ:最初の撮影が『smart』だったんですけど、その時ですね。某ブランドとのタイアップページの撮影でした。僕が最初に撮影することになったんですが、どうすればいいのかわからなかったです。当時はモデル=かっこつけてればオッケーみたいな安易な考えで撮影に挑んだんで、全然うまくいかなくて。

恩返しができたことがとにかく嬉しかった

渡會:最初からそんな苦労があったんだね。他にも何か苦労をしたことは?
ウエマツ:常に苦労続きでしたよ(笑)。例えば、当時の日本ではハーフモデルが多かったんです。紙面上に日本人の居場所がどこにもない、そんな状況でした。日本の雑誌なら日本人モデルを使えばいいのに、日本人にはファッションができないのかよって悔しさを感じていて。そんな現状を打破するために海外へチャレンジしたんです。

渡會:確かにあの頃ってハーフモデルが多かったよね。海外に行ってみた第一印象は?
ウエマツ:初めてのパリはとにかく冷たかったですね。エージェンシーも決まっていない状態で向かったんですが、日本からアポを取っている時に、会いたいと返答を貰っていたんで、気合いを入れて訪ねました。それなのに、「忙しいから帰ってくれ」ってすぐに言われて。

渡會:えー!それはきついね…。
ウエマツ:あ、そうゆう世界なんだ…って。ファッションウィーク中にどうにか他のエージェンシーに所属することができたんですが、ショーには出れなくて。その時は大きな実りもなく帰国しました。帰国後にもう1度行く準備をしたんですが、ギリギリまで行くか悩みましたね。でも、当時のマネージャーが飛行機代を出すから行って欲しいと言ってくれたんです。自分でどうにかするって断ったんですが、そこまで僕のことを考えて言ってくれる人がいたからこそ、もう1度挑戦する決意が固まりました。

渡會:その時に名だたるブランドのショーに出ることが出来たんだよね。
ウエマツ:そうですね。ルイ・ヴィトンやランバンなどのショーに出れたんです。親への感謝もあるけれど、それよりもとにかくマネージャー達と頑張って来た中で、恩返しができたことがとにかく嬉しかった。裏方からのバックアップがあったからこそ、海外でも活動できたんです。

渡會:海外で有名ブランドのショーに出てみて、国内での評価に変化を感じた?
ウエマツ:だいぶ変わりましたね。まず、仕事に求められる質が上がって、スタッフの方も著名な方が多くなりました。ただその分だけ、以前仕事していた人が離れてしまって、少し悲しかったです。僕としては一緒に盛り上げていきたかったんだけど、当時は居場所がなくなった様に感じていました。

渡會:急に付き合う友達が変わったみたいな感じなのかな?
ウエマツ:本当にそうですね。他のモデルからの対応も変わりましたし。

渡會:海外でも活躍している一流モデル!みたいな尊敬の眼差しがあったんだろうね。
ウエマツ:そうかもしれないですね。日本人のモデルが海外でやるにはみたいな。いわゆるHOW TOを聞いてくるんですけど、僕は「とにかく行ってやるだけだよ」としか答えられなかったんです。受動的じゃなく、自分からまずは行動だと。その辺はたっちゃん達に教えられたというか。

渡會:ノウハウばかりを集めるのではなく、自分から前に進んでいこうと。
ウエマツ:はい。日本人が海外で勝負するのには勇気もいるし、資金面も大変なんです。交通費と一ヶ月の滞在費がショーに出れなかったら全部パーだし。でも、まずは後のことを考えずに飛び込んで行かないと、何も変わらないよって思っていますね。

渡會:本当にそうだよね。まずは自分から行動しないと何も始まらないよね。自分が伝えたことが、他人から帰ってくるとは思ってもみなかったよ(笑)。

後編では、ウエマツさんの写真についても迫っていきます。

TEXT:Shuhei wakiyama(M-3)
Photo:Fumihiko Ikemoto(PYRITE FILM)

instagram限定(IGTV)では作業動画も公開しています。
是非こちらよりご覧ください。

ウエマツタケシ

https://www.velbed.jp/takeshi-uematsu

1985年山梨県生まれ。2007年、同僚の勧めで受けた、メンズノンノモデルオーディションに最終選考まで残ったことをきっかけにモデルの世界へ。2012年にはルイ・ヴィトン、ランバン、ポール・スミス等、大手メゾンのファッションショーでモデルを務める。現在は2018年に設立されたVELBED.に所属。モデルに加えて写真家としても活動の幅を広げている。

後編を見る